スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
全27巻一気読み!清水玲子 『輝夜姫』
輝夜姫 (27)
輝夜姫 (27)
清水 玲子

友人からまとめて借りました。
さすがに27巻は長かった……。四日間読み続けました。
でも、なかなか進まなかったのは5巻くらいまでで、それから先は流れるような速さで(笑)。

私が清水さんのマンガと出会ったのは『竜の眠る星』で、『月の子』『秘密』と買っていますが、さすがにこの『輝夜姫』の27巻は手が出なくて、読まないつもりだったので、友人に感謝です。

でも、なんとなく苦手な方向にきているかも。
元々小説でもSFが苦手で、それはその物語世界の決まりごとにうまく馴染めないからという理由が大きいのです。
『月の子』も、実は途中で一度買うのを止めたのですが、数年後突然続きが読みたくなり買いました。
絵は本当に美しくて、うっとりしちゃうんですけどね〜。

ここから内容に触れます。


感想としては、なんだろう……メッセージはすごくわかりやすいです。碧の言うことなんて特に。
鬼を殺したら、今度はその人が鬼になる……これは復讐は新たな憎しみを生むことと同じ。でも、碧の言うことは綺麗過ぎると思ってしまうのです。
私には、どうしても納得できない。鬼を許して愛するなんて、絶対無理。
そして、自然に対する人間の傲慢。環境にも、クローン問題のある人間自身にも。でも、それさえ愛ゆえなんだって言われると、何も言えなくなってしまうんじゃないか。
この物語の主人公たちは、本体のために準備されたスペアだから、当然クローン絶対否定の物語かと思いきや、実はそうでもないのだから。

結局、ほとんど皆が、最後まで憎しみを継続させることなく、それぞれの物語が優しく終わっていく。私はそこが不満で、それは私の性格がゆがんでいるからなのかと少し心配なのだけど、もっと言っちゃうと、押し付けがましさを感じてしまったのです。テーマやメッセージがわかりやすいからなのでしょうけれど……。

絵も美しいけれど、登場人物の心もみんな美しすぎて(柏木は別!)、そこも物足りないのかな。
美しいものが嫌いなわけじゃないけれど、やっぱり憎しみってもっと強いものだと思うから。情にほだされるというのもわからないわけじゃない。でも、血の繋がりって、そんなに強いの?

ただ、美しいミラーと晶が結ばれたことは嬉しかったです。王子様キャラが好きなので、ミラーはかなり気に入っていたのです。由みたいに無口なのは損です。やっぱり女は言葉を待っていると思うから。ちゃんと言葉で伝えてほしいわけです。

なんだかんだ言っても、27巻一気読みは、かなり贅沢で楽しい数日間を過ごすことができました。久しぶりに『竜の眠る星』を読み返したくなったし。嗚呼、ジャック……!
さて、美しく優しいミラーのお気に入り登場場面だけ読み返しましょう……。
| 読書 コミック | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
久世番子 『暴れん坊本屋さん (1)』
暴れん坊本屋さん (1)

『ウンポコ』という雑誌に連載されている、本屋さんの裏話エッセイです。
この度、めでたく単行本となりました。アマゾンでも売れ行き好調のようで。

 いつか本屋さんで働きたいと思っている私ですが、腰痛が悪化しているのでいつになるやら。とにかく憧れの職業ですが、もちろん厳しさも知らないわけではありません。

 まあ、そんな本屋さんの、あんなことこんなことが描かれたエッセイコミックで、かなり笑えます。←同業の方は笑えない?
 本屋さんといえば、POP、平台、面陳、版元、取次、万引き被害……。
素人でも知っている言葉ですが、裏ではいろいろとあるわけで。興味深いなぁ。とにかく2巻以降が楽しみです。

 48ページの「ブラ釣れたー!!!」が、ツボ直撃!……いや、笑っちゃうけど、実際笑えない話なんですけど。

★★★★★
| 読書 コミック | 11:45 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
のだめ一気読み
のだめカンタービレ #13 (13)
のだめカンタービレ #13 (13)
二ノ宮 知子

 4巻まで読んで中断していた『のだめカンタービレ』。昨日今日の二日で一気に最新刊まで読みました。疲れた……けどおもしろかった!

 なんかもう、一気に読みすぎて、いったい何を書けばいいのやら、って感じですが、パリ編までは、みんながそれぞれ影響しあって個々の才能を伸ばしていくところに、なんだか感動しちゃいました。何度も何度も目頭が熱くなったし。
 これはハチクロでも同じですね。みんな悩みを抱えていたり、自信過剰だったり、いろいろ。でも、まわりの人たちと関わって、もちろん失敗することもあるけど、最終的には自分というものを見つめなおすっていうか。
 
 私には芸術的な才能がまったくないので、こういう人たちの本当の苦悩がわからない。それがちょっと寂しいかも。そして羨ましいと感じてしまう。現実はもっと厳しいよ、とか、そういうことは置いておいて。

 で、パリへ舞台を移してからは、のだめと千秋が一緒にいることが少ないし、けれどいい感じの二人になっちゃって、落ち着いちゃったみたいですね。千秋の方はこの先壁にぶつかりながらも成功していくんだろーなー、って思うけれど、のだめはどうなるのでしょう。留学終了、その後。がまだ見えてこないから……。

 最新刊である13巻ですが、私もでこぽんさんの厳しい感想(?)に近いです。かなり物足りなかった。早く続きが読みたいですね。

 あ、ちなみにしおりは、のだめでした。CD BOOKは真澄だったから嬉しいです。
| 読書 コミック | 15:32 | comments(3) | trackbacks(3) | ↑TOP
佐々木倫子/綾辻行人 『月館の殺人』 上巻
月館の殺人 上 (1)
月館の殺人 上 (1)

 綾辻さんだし、いったいどんなミステリになるのかなーって思っていたけど、上巻ではミステリらしさはあまり見られなかったかも。
 とはいっても人は死にますけどね。ある意味鉄道オタクの話のような……。でもでも、この巻のラストは何なの?!いったいどういうことーーー!!!
 やっぱり原作が綾辻さんという意味を感じたラストになっていました。とりあえず、大好きな佐々木倫子さんの絵を堪能できたので言うことはありません。
 ちなみに装丁は祖父江慎さん。カバーも素敵ですが、本体もカラーでよいです。
| 読書 コミック | 12:12 | comments(6) | trackbacks(5) | ↑TOP
吾妻ひでお 『失踪日記』
失踪日記
失踪日記

 二度の失踪、ガスの配管工、アル中病棟に入院……という人生を歩んできた漫画家のホントの話。でも、本当の本当に悲惨なことは書いていないとか。悲惨て……。そっちが気になる。
 失踪中はホームレス生活で、ゴミ置き場を回ってめぼしいものを探す吾妻さん。廃食用油を手に入れたときは、酒の代わりに飲んだりマヨネーズ作ってみたりと、かなりキツイなぁ。

 アル中病棟で一緒だった人たちも個性的というかなんというか……怖い。配管工時代といい、とにかくいろんな人に出会うのだけど、いわゆる普通の人がほとんどいなくて、なんだか私の気持ちが暗くなってしまった(笑)。

 でも一番気になったのは、吾妻さんの奥さんのこと。だって二度の失踪時も捜索願を出してずっと待っていたってことを考えると、どんな気持ちだったのだろうって。奥さんの裏日記が読みたいな〜。

★★★
| 読書 コミック | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
1/2 >>
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE