<< 図書館にて〜フォード・市川 | main | 図書館にて〜絲山 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
第132回芥川賞・直木賞
アチコチで話題になっていますので今さらですが・・・
芥川賞は阿部和重『グランド・フィナーレ』、直木賞は角田光代『対岸の彼女』に決定しました。おめでとうございます。

阿部さんは『シンセミア』が出たとき、ちょっと興味あったけれど、なんとなく自分には合わなそうと感じて読まなくて、結局未読の作家さん。
先日図書館に行ったときも、その『シンセミア』が棚にあって気にはなったけどスルー。
まだ読みたいと思えないので、いつか気持ちが向いたら読んでみたい。

角田さんは予想通りで嬉しい♪『愛がなんだ』で初めて角田さんの作品を読んで、もう二度と読まないなこれは、と思ったけど、偶然の出会いから『対岸の彼女』を手に取った自分、エライ!
『対岸の彼女』は本当に心にズンズンくる物語。男性の評価はどうかわからないけれど、女性には共感できる部分がかなり多いのではないかと思います。この作品が選考委員に受け入れられたこと、素直に嬉しいです。

ところで、1年前から何かと騒がしかった芥川賞ですが、今回は両賞ともに落ち着いた雰囲気の方の受賞で、なおかつ大方の予想通りということもあり、みなさんの受け止め方も静かなようですね。
・・・というようなことを、昨夜布団に入った後考えていたのですが、待てよ、前回の芥川賞はモブさんで直木賞は・・・誰だっけ?といくら考えても思い出せず。
結局そのまま寝てしまったようで、自分の記憶力を本当に疑いますしょんぼり
さっき調べたら奥田さんと熊谷さんでした。そうだよ『空中ブランコ』だよ。大好きな作品なのに、どうして忘れちゃうの、ワタシ。
というわけで(?)、次の楽しみは選評を読むことです。
| | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 11:35 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/109
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE