<< 図書館が舞台という本には弱いのだ | main | 絲山秋子 『逃亡くそたわけ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
森絵都 『DIVE!!』 (1〜4)
DIVE!!〈1〉前宙返り3回半抱え型
DIVE!!〈1〉前宙返り3回半抱え型
森 絵都
おもしろかった〜。

内容紹介など不要の話題作、やっと読みました。高飛込みは、時々テレビに映ると、あっという間の出来事で、どちらかというと入水の美しさしか見ることができていなかった競技です。本の中にも出てきますが、競泳の影に隠れたような形で、話題にも上らないし、実際あまり見る機会もないですし。

ところが、その飛込みという競技が、森さんの筆にかかると、ものすごく魅力的なものに大変身。もう、今すぐ飛込みの試合を見たいー!という思いでいっぱいなのです。
これまで平凡な点数しか出せなかった中学生の知季。青森でひとり海に向かって飛んでいた飛沫。そんな二人の才能に目をつけ、本来の力を発揮させたコーチ夏陽子。そして、これまでライバル不在に近い状態でいた要一は、知季と飛沫の成長により、さらに自分を磨いていく。
彼らに共通する思いは、とにかく飛込みという競技が好きだということ。
ただし、個人競技で、しかも採点によって勝敗が決まってしまうとあれば、ほんの少しの心の乱れは大きなマイナスにつながります。同じクラブで毎日練習して、競技を離れれば仲の良い友だちでも、本当はみんなライバル。
でも、ときどき思います。六人でやるバレーとか、九人でやる野球とか……
みんなで戦ってみんなで勝てるスポーツはいいな、って

一巻でひとり取り残されるレイジの言葉です。
勝ちも負けも全部ひとりで背負わなければならないなんて。きっと実際の選手たちは孤独に厳しい練習をしていることと思います。
けれど、少なくともこの物語の中では、飛込みが本当に孤独なものではありませんでした。仲間でありライバルである彼ら。でも、ひとりじゃないからここまで来れた。そんな暖かな読後感でありました。

同じくらいの歳の子たちで、野球を扱った『バッテリー』は団体競技でしたが、あちらの方がより孤独な感があります。そこまで厳しく書かなくても……などと思いつつ読んだ『バッテリー』よりも、私はこの『DIVE!!』が好き。

★★★★★
| 読書 小説 | 22:33 | comments(6) | trackbacks(5) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 22:33 | - | - | ↑TOP
はじめまして。
私も最近DIVE!!を読んで、すっかり浮かれ気分になってしまいました。本当に素敵な本ですよね。汗くさくないスポ根といったところでしょうか。マイナー競技だと思っていた飛込みの奥の深さにも感銘を受けました。
森絵都さんにもはまりそうです。トラックバックをさせていただきますので、どうぞよろしくです。
| りか | 2005/03/07 1:41 PM |
この本を読み始めたとき、早速本好きの娘に読ませようと思ったのですが、第2巻が親として非常にまずいわけで(^^ゞまだ小学生だし・・・
読ませたいけど、読ませられない・・・自分の知識から言うと、中学1年後半くらいでいいでしょうか(笑)
| 聖月 | 2005/03/07 4:39 PM |
りかさん、はじめまして。
コメントとトラックバックありがとうございます。
私は、スポーツを扱った小説がわりと好きですが、これは一段と面白かったです。三者三様、それぞれに個性的で飛込みという競技が本当に好きなんだっていう気持ちが読み取れました。
今度飛込みの試合を見る機会があったら、じっくり見ちゃいそうですね。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
| ココ | 2005/03/08 11:23 AM |
聖月さんが読まれていたとは、ちょっとオドロキでした。深い意味はないのですが、やはり分類が児童書ということだからでしょうか。
うーん、確かに小学生……確か四年生くらいでしたよね、お嬢さまは。ちょっと二巻はためらわれますね(笑)。とりあえず中学生になるまでは、薦められなそうな予感が私もします。
でも、本好きだとすると、薦める前に自分で手に取っちゃうかも?それはそれで照れくさい気も……。
| ココ | 2005/03/08 11:32 AM |
雑食レビューのおおきといいます。
TBさせていただいたので、ご挨拶に伺いました。

まだ一巻ですけど、丁寧に主人公の心の動きとか描かれてて、続きが楽しみな作品です。

| おおき | 2005/06/15 8:57 PM |
おおきさん、はじめまして。
TBとコメント、ありがとうございます。

仰るとおり、本当に丁寧に描かれていて、「そうか飛込みってこんなに面白い競技だったんだ!」って初めて知らされました。
いい本読みました。
| ココ | 2005/06/17 11:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/154
トラックバック
「DIVE!! 1 前宙返り3回半抱え型」 森 絵都
DIVE!!〈1〉前宙返り3回半抱え型 特にオススメ! スポ根ものと知っていたので、敬遠していたけれどこれがものすごく面白かった。飛込みのことなんて全然知らなかったけれど、ここに登場する少年たちの瑞々しさに釘付けになった。 この巻では中学生の知季が主人公。
| りかの読書日記 | 2005/03/07 1:41 PM |
森絵都:DIVEのことなど
◎◎ 『DIVE!!1』   ◎ 『DIVE!!2』 ◎◎ 『DIVE!!3』   ◎ 『DIVE!!4』   ◎ 『永遠の出口』
| 「本のことども」by聖月 | 2005/03/07 4:27 PM |
DIVE!!〈1〉前宙返り3回半抱え型
DIVE!!〈1〉前宙返り3回半抱え型森 絵都 / 講談社(2000/04)Amazonランキング:3,157位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見る 日本の「飛び込み」競技の現状はなかなか寂しいものがある、と冒頭近くにある。その原因は競技人口の少なさと指導者層の薄さだとも。この小
| 雑食レビュー | 2005/06/15 8:55 PM |
★ DIVE!! 森絵都
DIVE!!〈1〉前宙返り3回半抱え型 森 絵都 講談社 2000-04 DIVE!!〈2〉スワンダイブ 森 絵都 講談社 2000-12 DIVE!!〈3〉SSスペシャル’99 森 絵都 講談社 2001-07 DIVE!!〈4〉コンクリート・ドラゴン 森 絵都 講談社 2002-08 飛込み競技でオリ
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/08/24 12:52 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/06/12 2:24 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE