<< 森絵都 『DIVE!!』 (1〜4) | main | 図書館にて〜北川・村上・栗田・島本・沼田 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
絲山秋子 『逃亡くそたわけ』
逃亡くそたわけ
逃亡くそたわけ
絲山秋子
福岡から鹿児島までの逃亡ロードノベル。
後先考えずに出発してしまう二人。何の心配よりも薬の心配が一番で、その辺のチグハグさが花ちゃんの精神状態を表しているのでしょうか。とにかくただ車で九州を南下して行くだけの物語なのに、花ちゃんの遣う博多弁がいい味出していました。花ちゃんは、生まれも育ちも福岡で、九州をとても愛しているのです。標準語だってちゃんと話せるけど、福岡を愛しているから常に博多弁なのです。
ずっと聞こえていた幻聴「亜麻布二十エレは上衣一着に値する」が、逃亡を続けているうちにだんだん聞こえなくなっていくのは、果たして病気が良くなったからなのか、そしてそれが病院という閉鎖された空間から自分で選んだ場所へ飛び出して行ったからかはわからないけれど、ちょっとスカッとする感じです。
花ちゃんがどうして躁状態になってしまったのか、なんの説明もないけれど、ダムの件なんかを読むと、その性格が垣間見られて、少し理解できなくもないような気もするな。

皿うどんにソースをかけるとか、熊本名物のいきなり団子とか、離合という言葉とか、ローカルな話も面白かったです。
そして、花ちゃんが九州のすばらしさをなごやんに語るときが、それ以上に良かった。とてもおもしろく読みました。

★★★
| 読書 小説 | 11:13 | comments(2) | trackbacks(8) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 11:13 | - | - | ↑TOP
ココさん☆こんばんは
なごやんの病気の原因って、故郷を隠そうとするところから始まってるんじゃないかなって思えました。
花ちゃんみたいに故郷を自慢できるって事は、それだけで幸せなことなんだなぁって思います。
なかなか痛快なストーリーでしたよね。
| Roko | 2005/09/12 10:25 PM |
Rokoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
花ちゃんの故郷を愛する様子、読んでいて気持ちの良いものでした。本当に幸せなことだと思います。
私、★を三つしかつけなかったけれど、今考えると少なかったかも。読んでから随分経っていますが、なかなか忘れられない物語となっています。
| ココ | 2005/09/13 6:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/155
トラックバック
[読書]逃亡くそたわけ/絲山秋子
ISBN:4120036146:detail★★★★☆ 初めての絲山作品でした。たっはあ〜、巧いですね。 読んでいて、とにかく楽しい。 精神病院から男女が脱走するロード・ムーヴィーもの。バリバリの博多弁の女の子と、名古屋出身なのにとってつけたような標準語を使う、茶髪の心優し
| でこぽんの読書日記 | 2005/03/11 3:03 PM |
亜麻布二十エレは上衣一着に値する
逃亡くそたわけ 意外や意外。『イッツ・オンリー・トーク』『海の仙人』『袋小路の男』ときて、まさかこう来るとは! 福岡の精神病院に入院している男女がポンコツ車で逃亡を続けるロードノベル。 まず、「くそたわけ」というタイトルからして驚き。そんな私は
| コウカイニッシ。 | 2005/03/11 11:12 PM |
◎◎「逃亡くそたわけ」 絲山秋子 中央公論新社 1365円 2005/2
 なんかあれである。サザエさんのオープニング見てたら、おお今日から変わった!鹿児島じゃん!って、おお桜島じゃないか!おお磯庭園じゃないか!おお天文館じゃないか!おおおおおおおおうぉー!我が家じゃないか!!!ってぐらい感激するようなご当地小説である。
| 「本のことども」by聖月 | 2005/03/21 6:09 PM |
逃亡くそたわけ
こん○○は! 雨が降らないだけで、気分がよい気がします♪ なぜこんなに雨がきらいなのでしょう? 不思議ですよね〜。 雨が好きな人もいますね。 私のしってる限り、雨の好きな人は元気な人が多いです。 一般的には雨の好きな人はちょっと内向的な人かな〜っ
| 夏☆先取り情報2005!〜おすすめ本・CD・DVD〜 | 2005/07/08 5:03 PM |
逃亡くそたわけ
逃亡くそたわけ 中央公論新社 絲山秋子 このアイテムの詳細を見る  「先生あたし躁の時幻聴があるんです。幻聴が来ると躁が悪くなって何するか判らないんです。亜麻布二十エレは上衣一着に値するって、毎日毎日そればっかりでわけわからないんです」(本文より
| ついてる日記 | 2005/09/12 10:21 PM |
ローカル話で旅しよう★
小説の中に自分が馴染みの場所が出てきたら? …ちょっぴり嬉しくなりませんか{/usagi/}{/eq_2/} 今回、紹介するのは絲山秋子さんの『逃亡くそたわけ』{/book/} 九州、とりわけ福岡出身の皆様なら、絶対に楽しめるハズ{/kaeru_en1/} 話自体は躁鬱病の男女が、精神病院
| ミュージカル『ハッピ〜♪マジック』 | 2006/12/03 12:16 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/26 10:14 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/29 3:01 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE