<< のだめ一気読み | main | 歌野晶午 『女王様と私』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
薬丸岳 『天使のナイフ』
天使のナイフ

 今年度江戸川乱歩賞受賞作、そして巷で高評価を博しているだけのことはある。すごく面白かった!十日ほど前から読んでいた本がなかなか進まないので、いったん取りやめてこの本を手に取った。
 するともう止められない。あっという間に読了。そして事件の流れを整理するため、記憶の新しいうちにそれを紙に書き留めた。そう、それくらい精巧なミステリに仕上がっている。伏線もばっちり。真相を知らされてから読み返してみて納得な場面も多い。

 けれど、そのミステリという部分だけが評価の対象ではない。なんといっても、少年犯罪についての書き込みがすばらしい。この手のテーマはいろんなところで議論されているだろうし、著者も書きたいことがたくさんあるに違いない。ひとそれぞれ、考え方もいろいろ。それだけに非常に難しいと思う。
 少し話はずれるが山田宗樹「天使の代理人」では中絶問題について扱っていたが、そちらは著者の考えが一方に偏っていた。もちろんそれが絶対に良くないとは言わない。物語としても面白く、抱える問題について考えることの多い一冊だった。けれど、やはり読み手であり同じようにこの問題について思うところのある者としては、その偏りが最後まで気になってしまった。

 その点、この『天使のナイフ』に偏りは見られなかった。少年犯罪と人権の問題。私はいつも、自分やその家族が加害者になることよりも、被害者になった時のことを考える。法が改正されたとはいえ、まだまだ被害者は置き去りにされてしまう少年法。被害者家族になった時、自分は……と考えると、たとえ加害者が小学生や中学生であろうと成人であろうと、自分にとって憎むべき存在であることに変わりはない。それなのに、加害者が少年というだけで罪に問われず保護されるなんて、とても我慢できない。

 ずっとこう思っていた。けれど、本書を読むと、その思いが少しぐらついてしまった。きっかけとなった一つの事件が繋がってたくさんの不幸が起こってしまうわけだが、そのすべてに少年法の抱える問題を読み取ることができる。それは、被害者側の視点からだけでなく、加害者側の、他人には知らせない深い後悔があるということが記されているからである。

 一方に凝り固まった考えを持っていてはいけない。まずはそう教えられたような気がする。
 最後に、少し長いがこの私の感想のすべてを語っていると思われる部分を抜書きします。

今まで桧山の胸中には、少年たちに対する怒りや憎しみだけが充満していた。このまま何も知らなければ、いつ爆発するとも知れない引火性の感情を抱えながら、これからも生きていくことになるのではないか。一生誰かを憎みながら生活して、顔も知らない人間を死ぬまで赦さずに生きていく。そんな父親に育てられる愛実は果たして幸せだろうか。
 愛実がいつの日か、母親の死や、母親を殺した少年たちのことについて、知りたいと思うかどうかはわからない。ただ、もし愛実が知りたいと思ったなら、桧山は語るべき言葉を持っていたかった。母親を殺した少年たちへの、憎しみとは違う言葉を。
(p127)

★★★★★
| 読書 小説 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(8) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 14:17 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/282
トラックバック
映画行きてぇー。
珍しく1日に2回更新してみましたー。 景は今日も来てません・・・おーい_| ̄|○ *読書感想* 紅牙のルビーウルフ ファンタジア長編小説大賞の準入選作。イラストは椎名優さん。相変わらず上手いなぁ、惚れ惚れしますね(・∀・) えー小説自体もかなりおも
| black sheep | 2005/09/24 10:58 PM |
[読書]天使のナイフ/薬丸岳
天使のナイフ薬丸岳 著講談社 (2005.8)ISBN:4062130556価格 : 1,680円bk1で詳細を見る[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062130556/dekopon05-22/250-0406732-6781027?%5Fencoding=UTF8&camp=247&link%5Fcode=xm2:title=Amazonで詳細を見る] ★★★
| でこぽんの読書日記 | 2005/09/26 2:03 PM |
第51回江戸川乱歩賞受賞は天使のナイフ
第51回江戸川乱歩賞は、 秋葉俊介さん(薬丸岳)の「天使のナイフ」に決まりました。 天使のナイフ薬丸 岳 講談社 (2005/08)売り上げランキング: 604おすすめ度の平均: 幾重にも仕掛けられた驚きの結末 静かな夜に一気に読んでください! じっくり読ませる佳作!
| 及川的大人のブログ | 2005/09/29 8:33 PM |
天使のナイフ
江戸川乱歩賞受賞作です。 少年法と犯罪被害者、加害者の贖罪などを題材に、真摯な態度で書かれた読み応えのある作品でした。 何より、きっちりミステリになっているところがすごい! 扱い難い、デリケートなものを題材にしているし、前半は落ち着いた感じで話が進むの
| 本の肴 | 2005/10/17 5:18 PM |
あまりにも悲しい物語「天使のナイフ」
天使のナイフ 薬丸 岳 注)購入を検討の方は画像をクリックしてください。 この物語は、少年法をテーマにして書かれており、被害者の無念さの、少年の真の更正とは何かを問うた第51回江戸川乱歩賞受賞作です。 <ストーリー> 物語は、生後五ヶ月の娘の目
| シネマつれづれ日記 | 2006/01/04 1:10 PM |
『天使のナイフ』
タイトルからすろと、このブログで紹介した大沢在昌さんの『天使の牙』、『天使の爪』の続編っぽいですが、実は全く関係ありません。 第51回江戸川乱歩賞受賞作。著者は薬丸岳さん。 「少年犯罪に関連する法改正」という問題に真正面から取り組んでいる、かなり骨
| ストーリーの潤い(うるおい) | 2006/01/21 4:55 AM |
◆ 天使のナイフ 薬丸岳
天使のナイフ薬丸 岳 講談社 2005-08by G-Tools 少年犯罪をテーマにした、社会派推理小説。オススメ! 主人公の桧山は4年前、妻の祥子を殺されました。犯人は13歳の少年でした。それぞれ更生施設へ送られたり、保護観察処分になったりはしましたが、少年法に守
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/02/07 1:19 PM |
(書評)天使のナイフ
著者:薬丸岳 父娘2人で暮らす桧山が店長を勤めるコーヒーショップにやってきた刑事
| たこの感想文 | 2006/04/04 10:58 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE