<< 久世番子 『暴れん坊本屋さん (1)』 | main | エンタ!検定、やってみた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
図書館にて〜奥田・ゾペティ・ほしお・貫井
借りてきました。

・奥田英朗 『ララピポ』

ララピポ

購入しようと思っていたけど、新着の棚で発見してしまったのでつい……。
でも、装丁が面白いから欲しいなぁ。

・デビット・ゾペティ 『命の風』(上・下)

命の風 (上)命の風 (下)

『いちげんさん』のゾペティさんです。
図書館の検索システムが変わって、新着の本もリストとなって調べられるようになりました。これ切望していたのですよ。
で、それで見つけた本。
刊行されることを全然知らなかったので嬉しい♪
小説では、前作『アレグリア』が2000年の刊行なので5年ぶりです。

・ほしおさなえ 『天の前庭』

天の前庭

東京創元社ミステリ・フロンティアです。

・貫井徳郎 『悪党たちは千里を走る』

悪党たちは千里を走る

ん?誘拐ものらしい。

----------

手元に図書館本が8冊。
これからネット書店に注文予定の本もあり……。

ところで、さっき帰宅して駐車場に車を止め、歩き出したら、なぜかカニが落ちていました。落ちてたって変ですか。
身体の幅が12〜15センチの。どうももうお亡くなりになっていたようですが、何故ここにカニ?海から徒歩数分の場所だからでしょうか。
空腹だったので、とっさに茹で上がった状態を想像してしまった自分がなんか嫌でした。
| 図書館 | 13:04 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 13:04 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/290
トラックバック
「ララピポ」奥田英朗著、読んでみました 。
 「ララピポ」奥田英朗著、読んでみました 。  この作品は「ドラマだなあ。登場人物全員が負け組み。更には・・・・・マニアも負け組み。ルーザーの祭典ですよ。いやあ、世界中の人に見せたいなあ。東京の片隅に、こんなにも凄まじい負け組みのドラマがあるこ
| 男を磨く旅 | 2006/11/10 8:00 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE