<< 図書館にて〜青井・歌野・桜庭 | main | お買い物〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
貫井徳郎 『悪党たちは千里を走る』
悪党たちは千里を走る

田舎の金持ち相手に、埋蔵金発掘の詐欺をはたらこうとしていた高杉とその舎弟の園部。ところが交渉中に、思わぬ美女の邪魔が入る。後日、バッタリ再会した三人は、ある誘拐計画を企てるのだが―。


 正しい(?)誘拐ものだった。といっても、ユーモアまじりのため、まったく深刻さはない。身代金奪取の方法として、金を出す親の性格を重視したことに目からうろこの気分を味わったけれど、実は読了してみて少し拍子抜けだった。
 何を書いても、ネタをばらすことになってしまいそう……ということで、ここから反転。
 最初に高杉の携帯に巧誘拐のメールが届いたとき、完全に巧の狂言だと思った。高杉たちに自分の誘拐計画の詳細を語っておき、実は他に共犯(協力)者がいて、まんまと騙すつもりだろうと。巧だったらそれくらいしてもおかしくないと思ったから。けれど、高杉たちがその可能性についてまったく思いつかないようだったため、おかしいな?と思い始めたところ、巧視点で話が始まってしまい、それは私の完全な思い違いと判明する。

 次に疑ったのは、刑事の天王寺。ガタイがいいとか無口とか、とにかく思わせぶりで。でも、被害者の自宅に詰めている刑事がどうやって関わっているのか、その点やはりおかしいと感じてしっくりこない。

 となると今度は園部が怪しい。高杉は園部のことをかなり馬鹿にしているようだが、要所要所で的確な発言をしたり、どこにいるのか不明と思わせるような部分が気になり、実は頭の切れる男なのではないかと思った。園部ならば、高杉たちの計画も性格も熟知しているだろうから。
 
 途中、金本にも思いを巡らせたが、すぐに忘れてしまうという体たらく……。きっとわかる人にはすごく簡単なんだろうなぁと真剣に思った。
 これらは著者に誘導されただけかもしれない。結局巧の両親や刑事たちがどうなったのかわからないため、天王寺のことはたぶんそうなのではないかな。でなければ、陰木や天王寺の性格づけと登場の意義が不明だ。刑事の空腹場面などとあわせて、単なるユーモア部分の補強にすぎなかったということなら、本当に考えすぎなのだけど。
(ここまで)


 注意深く読み進めていれば、その真相には容易にたどりつくと思う。
いや、注意深くなくてもわかるかも。けれど、どうも中途半端な部分が多いのではないか。結局あの人とか、あの人はどうなったの?と消化不良なのだ。
 だから拍子抜け。ラストはうまく締められているが、振り回された分もっと説明を求めたい気持ちは自分勝手?

『追憶のかけら』を読んでからもう一年。あれは本当におもしろかった。この『悪党たち〜』もそれなりにおもしろいけれど、特別な何かはない。

★★★
| 読書 小説 | 17:36 | comments(3) | trackbacks(6) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 17:36 | - | - | ↑TOP
はじめまして。
リンクをたどってうかがいました。
読みたい人だけが読める、反転という技を初めて見ました(で、しっかり読みました)。
「悪党たちは千里を走る」の記事をトラックバックさせていただきます。
前半の期待が大きいほど、拍子抜けというのはありますが、新境地ということで楽しめました。
コメントやTB返しなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
| 藍色 | 2006/04/27 11:39 AM |
藍色さん、はじめまして。
コメント・TBありがとうございました。
なんだか言いたいことがたくさんで、でもネタをばらしてしまう……と思って反転にしたら、思いのほか長くなってしまって……。
貫井さんにはとても期待しているので、つい考えすぎてしまったようです。
でも読んでいる間は、本当に楽しかったです♪
貫井さんですが、実は読んでいない作品が何作かあるので、いつか制覇したいなーと思っています。
| ココ | 2006/05/02 4:08 PM |
ココさんへ、トラバ返しありがとうございます。
また合う記事がありましたらコメント、トラバさせてさせていただけると幸いです。
ミステリの本を始めたばかりのサイトですが、これからもよろしくお願いします。
またきますね。
| 藍色 | 2006/05/03 3:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/298
トラックバック
(書評)悪党たちは千里を走る
著者:貫井徳郎 ケチな詐欺師の高杉と、その舎弟・園部。今日も、すんでの所で同業者
| たこの感想文 | 2005/11/14 1:49 PM |
○「悪党たちは千里を走る」 貫井徳郎 光文社 1785円 2005/9
 評者にはヴィオラニストの知り合いがいる。交響楽団に所属する傍ら、奥様と音楽教室を開いているのだが・・・ある日、極上の焼肉をご馳走してくれるというので(評者の周囲の人間はご馳走してくれる奇特な方々が多い)、その方の車で極上焼肉屋へ向かう。車の中には奥
| 「本のことども」by聖月 | 2005/11/23 6:34 PM |
貫井徳郎「悪党たちは千里を走る」
私は毎朝時計替わりにテレビをつけます。 大抵どの局でも似たようなニュースを似たような切り口で似たような時間帯に放送を していますよね。ここ数日だと記録的豪雪とライブドアショック。 そして明日の朝はホリエモン逮捕のニュースがトップの話題になるでしょう。
| イイオンナの為の「本ジャンキー」道 | 2006/01/23 11:50 PM |
「悪党たちは千里を走る」貫井徳郎
「悪党たちは千里を走る」貫井徳郎(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、誘拐、詐欺師、ユーモア これは、ちょっと酷いんじゃないか。正直な感想。 貫井徳郎という作家、評判は聞いていたが、実は読むのは二作目。ちなみに一作読んだのは「神のふたつの貌
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/01/26 9:03 AM |
悪党たちは千里を走る、貫井徳郎
イラストレーションは佐々木啓成。 詐欺師になって4年の主人公、高杉篤郎は舎弟(?)の園部と金満家の屋敷を訪れ、徳川埋蔵金のネタでカモにしようとした矢先、一足先にリトグラ
| 粋な提案 | 2006/04/27 12:15 PM |
読書感想「悪党たちは千里を走る」
読書感想「悪党たちは千里を走る」 悪党たちは千里を走る 【評価】★★★
| 三匹の迷える羊たち | 2006/08/12 7:34 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE