<< 鳥飼否宇 『激走 福岡国際マラソン〜42.195キロの謎』 | main | 図書館らて〜篠田・緑川 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
山本幸久 『幸福ロケット』
幸福ロケット

香な子は小学五年生。小石川のマンションに住んでいたけれど、新学期から葛飾区お花茶屋のアパートに引越してきた。お父さんが会社を辞めて、お母さんの実家の工務店に転職したからだ。両親は仲が良く、ずっと一緒に居たかったからだと言うが……。ちょっと気になる同じクラスの男の子、コーモリとの初恋物語。

 かわいくて、すごく切ないお話。
「子どもは知らなくていいの」って、大人は思うし、実際口にする。香な子の家もそう。香な子視点の話だから、最初は香な子の知って(理解して)いることを中心に話が進む。だから読者も、疑問に思いながらも、ちょっと風変わりな両親だな〜なんてのんびり読んでしまう。でも、まだ決まらない将来のために、頑張って塾に通う香な子の心は確実に大人へと成長してきていて、コーモリや塾の嫌な子、そして担任の先生などと接するうちに、どんどん外に向かっていく。たくましく。

 ユーモアのある文章で、とてもかわいらしい小学生の物語に仕上がっていた。ちょっと小学生にしては大人な部分もあるかとは思うけれど、幼すぎるより良いと思う。

 コーモリとの恋は、やっぱり予想通りちょっと切ないものになってしまったけれど、いつか自分の意思で好きな人と一緒にいられる日がきっと来るはず。未来を楽しみにできる物語だった。

 著者の長編は追いかけてきたけれど、短編集の『はなうた日和』は未読。短編苦手なので……。でも、これは読んでおいた方がよさそう。
 今、かなり気になる作家。

 そうだ。
香な子は読書好きで、図書館に通っていろんな本を読んでいる。その中でよく出てきたのが、星新一。私も、星新一は香な子と同じ五年生のときにまとめて読んだ。なんだかとっても懐かしかった。

★★★★
| 読書 小説 | 12:54 | comments(4) | trackbacks(2) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 12:54 | - | - | ↑TOP
ちょうど、クリスマス・イヴに読みました。
ど真ん中でした!
私もコーモリのような、本を読む男の子に出会いたかったな☆
傑作を書く日は遠くない、と思うのですがどうでしょう?
| りあむ | 2005/12/25 10:01 PM |
りあむさん、傑作は絶対近いですよ!
どこかで期待はずれというような評を目にしてから読んだので、
実はあまり期待していなかったのですが、全然そんなことなくて。
よかったですよね〜。
| ココ | 2005/12/29 10:49 AM |
はじめまして。
『ララピポ』に続きTBさせていただきました。
この本は後味もよくてとても気に入りました。以前「笑う招き猫」を読んでいて、あれも好きでしたがそれ以上でした。
たしかに、大人びた5年生ですが、みんないいキャラでしたよね。
この物語の中に出てくる小説、全部実在なんでしょうか。読んでみたい気がします。
| Mam | 2006/01/17 4:46 PM |
Mamさん、はじめまして。
いつもありがとうございます♪
素敵な物語でしたね。子どもの話だけれど、大人へと成長していく階段の第一歩という感じでした。
また彼らに会いたいな〜って思えるようなキャラたちで。

本の中に登場する小説は実在だと思います。
『マチルダ〜』は未読ですが、読んだ方によると、なかなか気持ちのスカッとする物語だそうです。
星新一は小学生のときにたくさん読んだのが最後ですが、今でも覚えている話がいくつかあるくらい印象的でした。
| ココ | 2006/01/18 10:14 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/330
トラックバック
『幸福ロケット』So Happy Xmas !
『幸福ロケット』(山本幸久/ポプラ社) デビュー作以降、私の心を鷲掴みにしている山本幸久。 今回は今までとはちょっと違った作風の物語を出して来た。 版元はポプラ社であるから、あるいは子ども向けに書かれたものなのかもしれない。 しかし、大人が読んでも
| 朝から晩まで本を読んでいたい | 2005/12/25 9:59 PM |
「幸福ロケット」山本幸久(ポプラ社)
図書館で予約を入れようと思っていたら、長男が買ってきたので読ませてもらった。 ------------- 小学5年生の香な子は、お父さんが会社を辞めたため、今まで住んでた立派なマンションからこじんまりしたお家に越してきた。いろいろ不満はあるけれど、香な子もそれ
| まひるの散歩道 | 2006/01/17 4:40 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE