<< 大好きな森雅裕さんの新刊! | main | 緑川聖司 『プールにすむ河童の謎』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
2005年私のベスト10
今ごろ……ですが、昨年のベスト10と、今年の計画・目標を。

まずベスト10。

1. 『風紋』『晩鐘』乃南アサ
2. 『天使のナイフ』薬丸岳
3. 『審判』深谷忠記
4. 『となり町戦争』三崎亜記
5. 『容疑者Xの献身』東野圭吾
6. 『漢方小説』中島たい子
7. 『DIVE』森絵都
8. 『ボーン・コレクター』ジェフリー・ディーヴァー
9. 『この本が、世界に存在することに』角田光代
10.『逃亡くそたわけ』絲山秋子

----------

今年は新刊・既刊を別けずに小説から選びました。4位以下はほとんど差はありません。なんとなく順位を付けただけのような気もします。

『風紋』『晩鐘』は絶対にセットで。このミスなどで3冠の『容疑者Xの献身』は、確かにおもしろかったけれど、どうも印象が薄かったです。『DIVE』と『ボーン・コレクター』は、こんなにおもしろいものをこれまで放っていたのか!と衝撃を受け、『となり町戦争』と『漢方小説』は、これからすごく楽しみな作家さんを見つけた嬉しさがありました。

----------

さて、今年の読書計画ですが、まず昨年の目標だった途中になっているシリーズものの制覇を挙げないといけません。

京極夏彦、妖怪シリーズ
森博嗣、S&Mシリーズ
島田荘司、御手洗潔シリーズ
新井素子、ブラックキャットシリーズ
司馬遼太郎、竜馬がゆく
五條瑛、鉱物シリーズ
リリアン・J・ブラウン、シャム猫ココシリーズ
ジェフリー・ディーヴァー、リンカーン・ライムシリーズ

そして、まだ読んだことがないシリーズものでは、

東川篤哉、烏賊川市シリーズ
北森鴻、蓮杖那智シリーズ
高田崇史、QEDシリーズ
内田康夫、浅見光彦シリーズ

こんなところかな。

シリーズもの以外では、コニー・ウイリス『航路』、ダン・ブラウン「デセプション・ポイント」、アレン・カーズワイル『形見函と王妃の時計』などを読みたいなぁ。
もちろん積読中の『東京タワー』とか『にぎやかな天地』とかも。

そして!
東野圭吾小説全作品再読(刊行順)
これです。
もうここ数年来の目標となっていて、なかなか実行できないでいるのです。でも、『白夜行』だけはドラマの前に再読しておきたいところ。

まあこれ全部は無理です。
でも頑張ろう。
| ベスト | 19:32 | comments(7) | trackbacks(1) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 19:32 | - | - | ↑TOP
こんばんは〜。
『ボーンコレクター』って、映画になったヤツですよね?
内容はよく覚えていないけれど、結構面白かった気がします。
原作もオススメなんですね。
今年はちょっと、図書館通いが出来そうなので、読書量が増えそうです。

今年もよろしくお願いします(^^)
| ともみん | 2006/01/05 9:44 PM |
 読書のブログ楽しみにしてます。
 このブログ書いてる人?どういう人なのかな?なんて、素朴な疑問感じてます。今年も、このブログ充実させてください。
| pota | 2006/01/08 11:12 AM |
>ともみんさん

こんばんは〜。今年もよろしくお願いいたします。
『ボーン・コレクター』は、原作を読んでから映画を観ました。
映画で描かれなかった部分が、原作ではいろいろ書かれているのでおもしろいですよ♪
お互いのわかりにくかった部分を補ってくれていて、原作・映画ともにとても楽しめました。
ともみんさんも、おもしろい本、たくさん紹介してくださいね♪


>potaさん

ありがとうございます。
励ましのお言葉、とても嬉しく思います。
そういえば自己紹介のページがあまり紹介になっていませんでした。
近々、もう少し書き加えますので、よろしければ覗いてみてくださいね。
| ココ | 2006/01/09 10:03 PM |
ごめんなさい↑のけして下さい。

大変遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。

このBEST10は興味ありありのものばかりです。
早く古本屋で探さなくては・・・。

今年も参考にさせていただきます。
よろしくおねがいします。
| おっこ | 2006/01/12 11:06 PM |
おっこさん、こちらこそご挨拶もせず、すみませんでした。
今年もよろしくお願いいたします。

ベスト10は、順位をつけるのがとても難しかったです。どれも甲乙つけがたく……。
今年は昨年以上に読む決意ですので、またお越しくださいね♪
| ココ | 2006/01/16 4:39 PM |
久しぶりです 早速ベスト10拝見致しました
ココさんとはツボが近いと思ってましたけれど
結構違う所もあるんですね(笑)

ファンタジー、SF、の捉え方かなと感じます 
ココさんはリアリストで僕が空想家というんじゃなくて
どちらに興奮というか 面白さを感じるかの違い?かな

是非 ファンタジーやSFの名作を読まれたら如何でしょうか?



| 小太郎 | 2006/01/17 2:05 PM |
小太郎さん、こんにちは。
ご指摘のとおり、私は本当にファンタジーとSFがダメなのです。。。
独特の世界に入って行けないのです。
リアリストでもありますし。
今年のベスト3を見ると一目瞭然という感じですね(笑)。
ですから、『となり町戦争』をおもしろく読めたことは、自分でも意外でした。これくらいが限度かもしれません。

それでも軽いSFならば読めるのですが、ファンタジーだけは今のところこの先も読まないだろうなーと思っています。

SFで名作といえば、『夏への扉』などは読もうと考えていますが、他にお薦め作品がありましたら、ぜひ教えてください。
と言っても、できるだけ軽めのものでお願いします……。
| ココ | 2006/01/18 10:04 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/337
トラックバック
『漢方小説』
いい意味で裏切られたというか騙されたというか。 漢方プロパーが雑誌で適当に書いたぬるいエッセイをまとめたような本かなあ と思って朝の通勤電車で読み始めたら、危うく電車を乗り過ご
| 東風春秋 | 2006/01/18 9:33 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE