<< 2005年私のベスト10 | main | 伊坂幸太郎 『砂漠』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
緑川聖司 『プールにすむ河童の謎』
プールにすむ河童の謎―緑川事件簿

『晴れた日は図書館へいこう』の緑川さん。

 私の新年一冊目は児童書です。
というのも、年末に読んでいた本がどうにも進まず、結局投げてしまったのですが、年明けに読み始めた本も全然入っていけなくて、こちらも放棄。こんなときは寝食を忘れて没頭できるミステリがいいかな、なんて思ったものの思いつかず、結局さらっと読める児童書にしたというわけです。
 前作は図書館にまつわる謎が思いのほかおもしろく、今度も期待して読み始めました。タイトル通り、小学校のプールで目撃された河童の話なのですが、もうひとつ事件が起こっていて、さすがにこれはわかりやすいものでした。この謎の答えがわからないようでは、これまで何冊もミステリを読んできた意味がないと思われますので、少し安心。
 正統派の児童書ミステリでしょう。

 今年は、おもしろくないと思ったり、読むのが苦痛になった本は、きっぱりと閉じることを昨年以上に徹底していこうと思います。読みたい本の数に、読むスピードがなかなか追いつかないので……。

★★★

----------

こっそりと第134回直木賞の予想などしてみたいと思います。
候補作の中で未読なのは、恩田陸『蒲公英草紙』と恒川光太郎『夜市』の二作。ですので、これらについてはまったくわかりません。
荻原浩『あの日にドライブ』、これは絶対ないでしょう。名前のお披露目くらいの意味だと思います。数回後に受賞することでしょう。
残った、伊坂幸太郎・東野圭吾・姫野カオルコの三作品のうち、もっとも選考委員受けしそうなのは姫野カオルコ『ハルカ・エイティ』でしょう。私個人としては、大ファンであり、苦杯を嘗め続けている東野圭吾『容疑者Xの献身』にぜひ!という気持ちでいっぱいではありますが。伊坂幸太郎『死神の精度』は、選考委員にどう評価されるのかとても興味があります。全然想像がつかなくて困ります。

というわけで、私の予想は姫野カオルコ『ハルカ・エイティ』。
ただもしも、すでに功労者となってしまった感のある東野さんに、と選考委員が考えてくれたら、『容疑者Xの献身』の受賞もありということで。
さあ、どうなるか……。
| 読書 小説 | 22:46 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 22:46 | - | - | ↑TOP
遅ればせながらあけましておめでとうございます!
私は東野圭吾がいくんじゃないかと思ってます。
というより、取らせてあげてほしいです。
姫野カオルコ、もっと売れてほしいですけどね、良い作品ですし。
| りあむ | 2006/01/09 11:40 PM |
りあむさん、こちらこそご挨拶もせず申し訳ありませんでした。
改めまして、あけましておめでとうございます。
私も希望では東野さんです!
本当は『白夜行』で、というのが最高だったのですが、もう過ぎたことは仕方がありません。今度こそどうかという気持ちでいっぱいです〜。
| ココ | 2006/01/10 7:52 PM |
はじめまして、
いろいろなブログを散歩中にたどり着きました。
直木賞候補。。。まったく知りませんでした。
「夜市」を読み終えたばかりで、この本かなぁ。。。とも思うし、
伊坂さんのファンなので、「死神の。。。」もいいなぁー、と言いつつ。。。
実は、この2冊しか読んでないわけです。
東野さんの本は、あまり読んでないのですが、「白夜行」はとっても良かったです。実力的にはやっぱり東野さんかな?

17日が楽しみ。。。
| 百子 | 2006/01/11 9:25 PM |
百子さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

『夜市』は評判がよくて、ちょっと気になります。
伊坂・東野。姫野の三作品は、どれが受賞してもおかしくないので、本当に楽しみです。
東野さんの実力は、読者にこんなに認められているのですから、これまで受賞しなかったのはやっぱりおかしいと思っちゃいますね〜。
| ココ | 2006/01/12 4:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/338
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE