<< 図書館にて〜永嶋・安東・豊崎 | main | 感無量〜第134回直木賞に東野圭吾 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
平安寿子 『愛の保存法』
愛の保存法

 いつもの"たいら節"満載の小説集でした。傍若無人だったり、ひとりよがりだったりする人のまわりで、それに付き合うことが人生の一部になってしまった人の物語。

 表題作の中の一節に、
ああ、常識があるって、損。常識って制約だもの。
掟破りの非常識人間に勝てるはずがない。
とありますが、これ、平さんの書く物語ほとんどに共通だと思います。だから、あんまり続けて平さんの本を読むと飽きるかもしれません。でも時々ちょっとした味付けに読むと、なかなか爽快だったりするのです。

★★★
| 読書 小説 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 16:46 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/341
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE