<< お買い物〜ガール | main | 図書館にて〜三谷・篠田・浅生・那須 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
久間十義 『聖ジェームス病院』
聖ジェームス病院

研修医の東翔平は、帯状疱疹で受診した患者に、劇的に効果のある新薬を処方した。しかし、帯状疱疹はすぐに消えたものの、患者は劇症腸炎を発症し死亡。新薬をめぐり、大学病院医局・薬品会社・株のインサイダー取引・医療過誤訴訟と様々な問題が絡み合う。そして、院内で突如拡がった院内感染。汚染源はどこなのか、翔平たちは限られた時間の中で必死に探し始めるが―。

 病院ものは好きなので期待して読み始めたのですが、初めて読む作家でどうもリズムがあわない。翔平たち研修医、薬品会社上層部、記者、患者家族とコロコロ場面が変わるのも、話に完全に乗れない原因に。いいところで切るの、最近CM前のドラマやバラエティ番組にありますが止めてほしいです、ホント。

 病院ものが好き、なんて書きましたが、たいして読んでいるわけではありません。『白い巨塔』も未読。ドラマを見て読みたくなった口です。これは絶対に読んでおこうと思っています。
 ですから偉そうなことは言えないのですが、新薬をめぐっての治験・認可問題やインサイダー取引などというのは、わりと定番な気がします。そして医療過誤訴訟についても。小説として定番ということもありますが、最近実際にニュースでもよくありますからね、特に訴訟なんて。そして大学病院医局制度の話(いわゆる派閥など)とか、研修医の過酷さなんていうのも、よく聞く話。
 
 主人公の性格ですが、擦れていない新米の医師としての正義感が、嫌味にならない程度に抑えられていたのは好感が持てました。同じ研修医でも、もっと要領のよい人間もいたりして、その辺でうまくバランスがとれていて、なかなかリアル。

 あまりのめり込んで読めなかった中、終盤の院内感染の件はスピード感があってよかったです。タイムリミットが迫る中での緊迫感、焦燥感が伝わってきましたし、さりげなく汚染源らしい場所が見つかったときの衝撃は、登場人物たちとたぶん同じ気持ちになっていたかと思います。

 株の話はともかく、医師も人間ですから、迷うこともあれば間違いを犯すこともあります。もちろん自分や身近な人間にそんな災難が降りかかってきたら、こんな悠長なことは言っていられないのでしょうが、けれど、人の命に対して軽視だけはしないでほしいし、常に目を見開いていてほしい。
 これは患者となる私たちの願いです。ですから、主人公の研修医翔平の未熟さにも好感が持てるのでした。

★★★
| 読書 小説 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 23:39 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/346
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE