<< 畠中恵 『ねこのばば』 | main | 荻原浩 『僕たちの戦争』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
貫井徳郎 『追憶のかけら』
追憶のかけら
追憶のかけら
貫井 徳郎

アメリカのドラマ『24』にはまっています。
そんな展開ありえない〜と思いながらも、次から次へと訪れる艱難辛苦にドキドキ。
緊迫感をこれだけ持続させられると、終了したときの虚脱感も相当です。

本の感想に何故ドラマの話から入ったかといいますと、
両者に少し共通点があったから。そして、それこそが私がこのドラマにはまった最大の理由でもあります。
それは、どちらも主人公以外の登場人物の誰を信じたらよいのかわからないということです。
まったくノーマークだった人が実は・・・みたいな展開に、一々振り回される自分にイライラしながらも、それ故に真相が余計に気になるという状態。

この本の主人公松嶋は、あることから実家に帰ってしまっていた妻を、不慮の事故で亡くしてしまった大学講師。
同じ大学の教授である義父ともぎくしゃくし、預けている娘も迎えに行けずに、これからのことをただ悩むばかり。
そんな時、あまり知られていないが戦後自殺した、ある作家の未発表手記が松嶋の元に持ち込まれる。
これはやっと自分に巡ってきたチャンスと思った松嶋は、手記を発表する条件として提示された、手記の中の謎を解くことを了承する。

まったく内容を知らずに読み始めたものの、あっという間に引き込まれてしまう小説でした。
途中の作家の手記が長く、旧かな遣いということもあり、最初は読みにくかったのですが、慣れるとそれも気にならず、書かれた悪意の存在がなんとも不気味でありました。
そして、松嶋を襲ったものもまた悪意。
人の善意と悪意の間で翻弄される主人公とともに、読んでいる私もしっかり振り回されてしまったというわけです。

国文学の講師の一人称らしい文体もまた雰囲気作りに大変有効でした。
人は自分の与り知らぬところで、どんな恨みを買っているかわからない。たとえ、それがどんなに理不尽なことだとしても。
そんな薄気味悪さと怖さを存分に味わいながらも、読後感の非常に良いという稀有な作品ではないでしょうか。
| 読書 小説 | 10:19 | comments(3) | trackbacks(4) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 10:19 | - | - | ↑TOP
ココさん、はじめまして。
でこぽんと申します。

『犬は勘定に入れません』に続き、またトラックバックさせて頂きました。

この『追憶のかけら』は皆さんにお薦めしているのですが、分厚いせいなのか腰が引けて、今ひとつ乗ってくれないのですよね。
ココさんの「人の善意と悪意の間で翻弄される主人公に振り回される」というのに同感で、気持ちが揺さぶられて翻弄される体験を皆さんにもしてほしいと思います。

本当に、ココさんとは読書傾向が似ているので驚いています。
また、お邪魔させて頂きたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。
そして出来ましたらトラックバックして頂きたいのですが、是非そちらの方もお願いいたします。

それでは、また。
| でこぽん | 2004/10/14 1:55 PM |
でこぽんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

実はトラックバックを自分でするのは初めてで、ちょっとドキドキしています。

最近、読書のペースが落ちているのが悩みだったのですが、
この本はあっという間、2日で読んでしまいました。
とにかく先が気になって気になって・・・。

本当に皆さんにお薦めしたい本ですね。

でこぽんさんの感想、いろいろ参考にさせていただきます。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
| ココ | 2004/10/14 7:24 PM |
はじめまして。
トラックバックさせていただいたので御挨拶です。
私はこの作品を、文庫化されてから買い、しかもしばらく積読状態だったので最近ようやく読み終わりました。
あの分厚さにめげずにもっと早く読んでもよかったのに・・・とちょっとばかり後悔。
旧かな遣いもなんのその。遺書は遺書として、独立して読んでもなかなか読みごたえがあり、主人公がはめられていく罠とのリンクにぞくぞくしました。
| 山手のドルフィン | 2009/02/24 9:36 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/47
トラックバック
『追憶のかけら』 貫井徳郎 実業之日本社 (でこぽん)
追憶のかけら貫井徳郎著出版社 実業之日本社発売日 2004.07価格  ¥ 1,890(¥ 1,800)ISBN  4408534609bk1で詳しく見る これはミステリです。戦後間もなく自殺した作家・佐脇依彦の未発表原稿を偶然手に入れた主人公が、それを世に出す条件として、彼に死
| My Recommend Books ! | 2004/10/14 1:52 PM |
『追憶のかけら』 貫井徳郎 (実業之日本社)
追憶のかけら貫井徳郎著出版社 実業之日本社発売日 2004.07価格  ¥ 1,890(¥ 1,800)ISBN  4408534609妻を交通事故で亡くした大学講師。彼が手に入れた、ある作家の未発表原稿。それはさらなる災いを彼にもたらすことに…。長篇ミステリアスロマン。『ジェイ・
| 活字中毒日記! | 2005/03/02 11:29 PM |
追憶のかけら(貫井徳郎)
前半でひきつけられて,ずうっとおもしろかったけれど,最後に肩透かしを食らってしまった。というのが貫井徳郎の「追憶のかけら」を読み終わって感じたこと。自分の非(風俗店にいやいや付き合わされたことがばれた!)で娘と実家に帰ってしまった妻が突然の事故死。娘
| まあぼの交差点 | 2006/03/01 1:10 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/02/24 8:49 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE