<< わーい! | main | 瀬尾まいこ 『幸福な食卓』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
角田光代 『対岸の彼女』
対岸の彼女
対岸の彼女
角田 光代

二つのパートが交互に書かれている。
一つは仕事をしだした小夜子のこと。
そして、もう一つは、高校生の葵に起こった過去のこと。

小夜子は人と深く関わることをとても恐れていて、公園内で出来る派閥などに気を重くするタイプ。
そして、葵は中学生の頃いじめられて、高校生になる時まったく違う土地に引越した過去がある。

学校という場所はとても残酷だと思う。
少なくとも女の子にとっては。
気が合えばまだしも、合わなくたってどこかのグループに属していないと、とたんにあの子変ってる・・・と言われる。
自分がそのグループやクラスから浮かないようにするために、時には何とも思っていなかった子まで攻撃対象にする。
それは、積極的、消極的を問わずに。
これは、学校を出て、どこかの会社に就職したってたいして変らないことかもしれないけれど。

そんな歪んだ和の中に入ることの出来なかった、あるいは、嫌だと思っても怖くて抜け出せなかった彼女たちの、切なる思いがひしひしと伝わってくる物語だった。

「なんであたしたちはなんにも選ぶことができないんだろう」
「なんのためにあたしたちは大人になるの?大人になれば自分で何かを選べるようになるの?
 大切だと思う人を失うことなく、いきたいと思う方向に、まっすぐ足を踏み出せるの?」 

こんな高校生の葵の叫びは、大人になって小さいながらも会社を経営していても、まだ続いているようだった。

そして、そんな葵との間にあった小さな接点から、人と関わりあうことへの意識の変化がある小夜子。
「なんのために私たちは歳を重ねるんだろう」
こんな問いを自分にしていた小夜子の出した答えが、葵の高校生の時の叫びと重なり合うラスト。

共感できる部分ばかりだけど、それゆえに自覚したくないことまで自覚させられてしまう角田さんの小説。
こういう話、読みたくないんだよね、と言ってしまえば簡単だけど、読み終えるとものすごい充実感。
悔しいけれど、完敗。
| 読書 小説 | 13:50 | comments(2) | trackbacks(8) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 13:50 | - | - | ↑TOP
おはようございます。
本当に角田さんに完敗のすごい本でした。
充実感に浸りました。

今年のわたしのベストワンです。いまのところ。
TBさせていただきました。
| よし | 2005/03/21 11:28 AM |
よしさん、こんにちは。
これは自分の心にグサグサと刺さってきました。角田さんはちょっと苦手だったけれど、たまたま図書館の新着棚で手にとって、拾い読みした場面がよくて、そのまま借りて本当によかったと思っています。
これが賞を取ったこと、本当に本当に嬉しく納得です。
| ココ | 2005/03/22 9:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/77
トラックバック
角田光代
Counter: 428, today: 28, yesterday: 116 角田光代 † 名前:角田光代(かくたみつよ)   【blogmap|ウィキペディア|はてな|ブクログ|bk1|Google】 生年月日:1967年3月8日 出身地:神奈川県生まれ 受賞歴:「お子様ランチ・ロックソース」で第11回コバルト・
| PukiWiki/TrackBack 0.1 | 2005/01/15 12:28 PM |
対岸の彼女 角田光代
対岸の彼女角田光代著出版社 文芸春秋発売日 2004.11価格  ¥ 1,680(¥ 1,600)ISBN  416323510830代、既婚、子持ちの「勝ち犬」小夜子と、独身、子なしの「負け犬」葵。立場が違うということは、時に女同士を決裂させる。女の人を区別するのは、女の人だ。性
| *Happy Light* | 2005/03/21 7:58 AM |
「対岸の彼女」角田光代著、読んでみました。
   「対岸の彼女」角田光代著、読んでみました。  「角田 光代」の作品、3作目です。「空中庭園」で「結構いいなー」と思って「ピンク・バス」でちょっと「・・・?」と言う感じでしたが、今回の「対岸の彼女」は丁度その「中間の面白さ」と言う感
| 男を磨く旅 | 2006/12/19 8:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/23 5:00 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/24 2:34 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/21 7:11 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/06 6:21 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/07 10:46 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE