<< 角田光代 『対岸の彼女』 | main | キノベス2004 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
瀬尾まいこ 『幸福な食卓』
幸福な食卓
幸福な食卓

自殺に失敗した父、そのことで心を病み別居中の母、とても優秀な成績だったのに大学進学せず農業に従事する兄。
そんな家族とともに暮らす佐和子は、父が自殺した季節、梅雨の頃になると体調をひどく崩す中学生。


父の自殺未遂という過去が根底にある物語のはずなのに、その自殺未遂の原因はまったく書かれていません。
この出来事が原因でちょっと形の変ってしまった家族。
佐和子はとても真面目でいいこだし、兄の直も妹思いで基本的にはほのぼのとした話なのです。
でも、短編四つの最後のお話で、唐突に悲しい出来事が起こり、家族というものについて、佐和子なりの結論が導き出されるのですが・・・。
少し中途半端だったかなぁと感じてしまいました。
冒頭の一行「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」と宣言した父の、その後の家族との関わりについても掘り下げられていないようだし。

中学生から高校生の時期は、家族中心だった小学生の頃までとは違って、友だちや異性に関心が向くものではないでしょうか。
「他人じゃないと救えないものが直ちゃんにはある。きっと、同じように私にも。」
こう感じた佐和子の成長の物語として読めたらどんなに良かったか。
家族の物語なのか、佐和子自身の物語なのか、あるいは両方なのか、瀬尾さんはどちらも絡めて書かれたとは思いますが、
どちらにも入り込めない読後感は少し残念なものでした。

それでも、脇キャラである坂戸君や小林ヨシコがとてもいい味出しているのは良かったと感じます。
瀬尾さんには、期待度が高い分感想が辛口になってしまいます。
もちろん、ほのぼのとした兄妹の会話なんて、それだけでも読んで楽しいのですが・・・。
なんだか支離滅裂な文章になってしまったようですみません。
| 読書 小説 | 10:00 | comments(4) | trackbacks(6) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 10:00 | - | - | ↑TOP
ココさん、こんにちは。でこぽんです。

やっと『幸福の食卓』を読みましたので、新年のご挨拶は抜きに早速感想にいってみたいと思います。でもやはり、今年もよろしくお願いいたします。

これはですね、正直がっかりでした。ココさんがすごく好きな作品と思っているのでしたら大変申し訳ないと思うのですが、でも期待していた作品だっただけにどうしても中途半端な話にしか思えなくて、読後感は複雑な気持ちでいっぱいでした。
瀬尾さんは大好きな作家さんですし、評判も良かったので前作同様にすごく楽しみにしていた作品でした。それだけに本当に残念です。

瀬尾さんは一体何が書きたかったのでしょうか。

もしこれが児童書として出版されていたのなら、例えば父親が自殺したいと思った遠因に言及していなくてもよしとされたでしょう。しかしいい大人が読むとなったら、こんな中学生の日記のような話では物足りないものです。すべて同一規格のような話であり、なんら目新しい出来事が起こるでもないのでは、読んでいて退屈なだけです。唯一、“死”がありましたが、これはすごく唐突であり、逆にこの物語には不必要な設定としか思えませんでした。白けてしまって、何だかなという思いでした。

そうは言っても、さすがに小林ヨシコがシュークリームを十二個持ってきたところと、大浦君の弟がマフラーを受け取った場面には泣きましたが。

と、長々と不満を書きましたが、これも応援している瀬尾さんの作品ということでご容赦ください。
設定も良かったですし、最初の「幸福な食卓」がなんともほのぼのとした作品に仕上がっていただけに、あとの三作品に繋がっていかなかったのは本当に残念でした。

乱文長文お許しください。
それでは、また。
| でこぽん | 2005/01/04 4:12 PM |
でこぽんさん、こんにちは。
遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

でこぽんさんががっかりされた気持ちは、たぶん私と同じようだったと思います。
私も中途半端だと思ってしまいました。

これを読んだ後、ダ・ヴィンチの瀬尾さんのインタビュー記事を読みましたら、最初は純粋に短編として出版社から依頼されたものを、次の依頼があった時にじゃあ続きを書こうということで書いたものだというようなことを仰っていました。

それを読んで、なるほどな〜と思ったわけです。それぞれの短編としては良いかもしれないけれど、連作という形で一冊にしてしまったことが(言い過ぎ覚悟で)失敗だったのかなと。

最後の死についても、まったく同感です。あえてここまで残酷な設定が必要だったのか、大いに疑問が残りました。
こんなことを言いながらも、私も瀬尾さんの書く文章は大好きなので、要所要所で涙したりジンワリしたりしましたので、とても残念です。

また次回作に期待ですね。
| ココ | 2005/01/07 2:54 PM |
こんにちわ。

・・・みなさんと逆になってしまぅんですけど
わたしは「幸福な食卓」大好きです^^;
私は読みとりの力があまりなぃので丸々読んで
良いと感じたら良かったといってしまうだけなの
カモしれなぃですが。笑)私的には大好きでした。

これからも読んでいきたぃです^^
| 紀伊らぁ | 2005/08/15 8:47 PM |
紀伊らぁさん、はじめまして。

ごめんなさい、私も本当は瀬尾さんの書くものが好きなんです。なのに、期待ばかりがふくらんで、最近素直に読めなくなっちゃったかなーなんて思っています。
私もこれからも読んでいきますよ〜。
| ココ | 2005/08/17 4:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://withcoco.jugem.cc/trackback/79
トラックバック
『幸福な食卓』 講談社
幸福な食卓瀬尾まいこ著出版社 講談社発売日 2004.11価格  ¥ 1,470(¥ 1,400)ISBN  4062126737父さんが自殺を失敗したときも、母さんが家を出たときも、朝は普通にやってきた。そして、その悲しい出来事のあとも…。とても切なくて、ちょっとおかしくてあたた
| 瀬尾まいこ応援BLOG! | 2004/12/23 1:46 PM |
幸福な食卓
幸福な食卓 瀬尾まいこ 講談社 このアイテムの詳細を見る  食卓に家族が集まってご飯を食べるって、わたしはごく当たり前のことだと思ってたんですけど、最近はそうじゃないんですってね?家族の生活時間がバラバラだから、食事をする時間もバラバラで、「家族全員が
| ついてる日記 | 2005/02/27 10:07 PM |
吉川英治新人文学賞を受賞!
第26回吉川英治文学新人賞に瀬尾さんの『幸福な食卓』が選ばれました。 同時受賞は恩田陸さんの『夜のピクニック』。 どちらもいい作品なので妥当な受賞だと言えそうである。 この賞は大衆文学の新人賞で最も将来性のある新人に贈られる賞である。 いわゆる、
| 瀬尾まいこ応援BLOG! | 2005/03/08 11:09 PM |
吉川英治新人文学賞を受賞!
第26回吉川英治文学新人賞に瀬尾さんの『幸福な食卓』が選ばれました。 同時受賞は恩田陸さんの『夜のピクニック』。 どちらもいい作品なので妥当な受賞だと言えそうである。 この賞は大衆文学の新人賞で最も将来性のある新人に贈られる賞である。 いわゆる、
| 瀬尾まいこ応援BLOG! | 2005/03/08 11:22 PM |
新刊発売決定!タイトルは『優しい音楽』 !
いよいよ待望の新刊の発売が決定しました。 双葉社から短編集が4月19日に出ます。 タイトルは『優しい音楽』で短編集の模様。 詳しくはこちら なんといっても価格が嬉しい。 お手頃で良心的な1260円(税込み)。 新たな出会いの季節にピッタシな時
| 瀬尾まいこ応援BLOG! | 2005/03/10 9:43 PM |
瀬尾作品人気投票開始!
瀬尾まいこ作品人気投票 瀬尾作品の中でお気に入りの作品を投票して下さい。全作品でも構いません。 『卵の緒』 『図書館の神様』 『天国はまだ遠く』 『幸福な食卓』 結果を見る
| 瀬尾まいこ応援BLOG! | 2005/03/12 9:10 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE