スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
久間十義 『聖ジェームス病院』
聖ジェームス病院

研修医の東翔平は、帯状疱疹で受診した患者に、劇的に効果のある新薬を処方した。しかし、帯状疱疹はすぐに消えたものの、患者は劇症腸炎を発症し死亡。新薬をめぐり、大学病院医局・薬品会社・株のインサイダー取引・医療過誤訴訟と様々な問題が絡み合う。そして、院内で突如拡がった院内感染。汚染源はどこなのか、翔平たちは限られた時間の中で必死に探し始めるが―。

 病院ものは好きなので期待して読み始めたのですが、初めて読む作家でどうもリズムがあわない。翔平たち研修医、薬品会社上層部、記者、患者家族とコロコロ場面が変わるのも、話に完全に乗れない原因に。いいところで切るの、最近CM前のドラマやバラエティ番組にありますが止めてほしいです、ホント。

 病院ものが好き、なんて書きましたが、たいして読んでいるわけではありません。『白い巨塔』も未読。ドラマを見て読みたくなった口です。これは絶対に読んでおこうと思っています。
 ですから偉そうなことは言えないのですが、新薬をめぐっての治験・認可問題やインサイダー取引などというのは、わりと定番な気がします。そして医療過誤訴訟についても。小説として定番ということもありますが、最近実際にニュースでもよくありますからね、特に訴訟なんて。そして大学病院医局制度の話(いわゆる派閥など)とか、研修医の過酷さなんていうのも、よく聞く話。
 
 主人公の性格ですが、擦れていない新米の医師としての正義感が、嫌味にならない程度に抑えられていたのは好感が持てました。同じ研修医でも、もっと要領のよい人間もいたりして、その辺でうまくバランスがとれていて、なかなかリアル。

 あまりのめり込んで読めなかった中、終盤の院内感染の件はスピード感があってよかったです。タイムリミットが迫る中での緊迫感、焦燥感が伝わってきましたし、さりげなく汚染源らしい場所が見つかったときの衝撃は、登場人物たちとたぶん同じ気持ちになっていたかと思います。

 株の話はともかく、医師も人間ですから、迷うこともあれば間違いを犯すこともあります。もちろん自分や身近な人間にそんな災難が降りかかってきたら、こんな悠長なことは言っていられないのでしょうが、けれど、人の命に対して軽視だけはしないでほしいし、常に目を見開いていてほしい。
 これは患者となる私たちの願いです。ですから、主人公の研修医翔平の未熟さにも好感が持てるのでした。

★★★
| 読書 小説 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
お買い物〜ガール
奥田さんの新刊『ガール』を購入です。
『マドンナ』と同じような装丁ですね。
私は『マドンナ』が好きなので期待大です。

ガールマドンナ
| 購入本 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
東野圭吾 『白夜行』(再読)〜原作とドラマ
内容に触れていますのでお気をつけください



ドラマ化ということもあり、およそ六年半ぶりに再読しました。
さすがに刊行当初に読んだときの衝撃はありません。続編とも言われる『幻夜』や、似たような手法の『殺人の門』がその後刊行されているということもありますので。

再読する前は、ほとんど内容を忘れていました。それでも印象に残っていた場面というのはいくつかあり、そのトップが、雪穂のキーホルダーの鈴の音でした。だからドラマ化の話を目にしたとき、まずその場面を楽しみにしたのです。

しかし、残念ながらその描写は省かれてしまっていました。
私が鈴の音にこだわった理由は、この小説の読み方というか、意味のようなものをその場面で知ったからです。そして、雪穂の本当の冷たさを。
こんなこと、私が今さら言うことでもありませんけれども……、『白夜行』のおもしろさは、雪穂と亮司の内面と裏の行動が描かれないことで想像力を駆使しながら読むことにあると思います。そして、鈴の音は、読者が最初にそのことに気づく場面なのかなと思うわけです。だから大切。

というわけで、ドラマの第一回目を見て残念、と思いましたが、ドラマはまったく別と考えればそれも当然であったわけです。再読して確信しましたが、やはり原作とドラマの雪穂は、決定的に違う人間ですから。
ドラマの冒頭の雪穂の涙。原作の雪穂は絶対に涙など流さないでしょう。少なくともあんな公衆の面前では。そうです、鈴の音の場面の雪穂ですから。涙を流すはずがありません。

雪穂と亮司に恋愛感情はあったのか。難しいなぁ。亮司にはあったと思うけれど、雪穂は……。最初はあったかもしれないけれど、成長するにしたがって、恋愛感情ではなくなっていったのかもしれないと思います。心の深い部分では繋がっていたけれど、同士くらいの意味か……。だって二人が一緒に歩くには、重すぎる物を背負いすぎていますから。

ドラマの雪穂は違う人間と書きましたが、それに関して私はまったく異議はありません。原作を傑作と思い、東野さんの代表作だと信じ大好きな話ですが、ドラマ二回目まで見た限りでは、ドラマはドラマでとてもよい出来だと感じたからです。
二人で太陽の下を歩ける日がくるまで、という前提があるならば、ドラマの雪穂と亮司の描き方はあれがベストなのではないかな。この先どんな風に描かれていくのか、不安でもあり楽しみでもありますけれども。

原作のある物語が映像化されるとき、必ず反対や心配の声はあがりますし、私も原作のイメージを大切にしたい作品には、嫌な気持ちになることもあります。なかにはタイトルと最初の設定だけを借りたようなドラマもありますからね。
今のところ『白夜行』は、原作の解釈のひとつとして、たいへんおもしろく見ています。武田鉄矢演じる刑事も不気味でつい見入ってしまうし(笑)。

白夜行
白夜行
| 読書 小説 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
図書館にて〜久間十義
忘れてた。借りてきていたのでした。

・久間十義 『聖ジェームス病院』

聖ジェームス病院

ただ今読書中ですが、初めて読む作家さんです。
私は『白い巨塔』も読んでいないけれど、こういう病院もの好きなのです。
『白い巨塔』は、絶対にいつか読んでおきたい作品です。
| 図書館 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
感無量〜第134回直木賞に東野圭吾
私の予想では姫野カオルコ『ハルカ・エイティ』だったのですが、本当は心の底から東野さんを応援していました。
でもここまで落選続きだと、駄目だったときの落胆と怒りは相当なもので、また、弱気になっていたこともあり、自信を持って東野さんが受賞するとは言えなかったのでした。

だから、本当に本当に嬉しいです。

東野さんの、照れたようなすごく嬉しいような、柔らかい表情を浮かべながらの会見の様子を見ていたら、涙がぼろぼろとこぼれてきました……。
「普通の人にはできないゲームをしていた。出来なくなるのは残念かと思ったけど、今日は勝ててよかった。」

本当によかったです。
いつもはやけ酒だったけど、昨晩は盛大に祝杯をあげたことだと思いますが、本当におめでとうございます。

容疑者Xの献身白夜行

受賞作の『容疑者Xの献身』もおもしろいけれど、やっぱり代表作で傑作なのは『白夜行』だと私は確信しています。
ちょうどドラマも放送中だし、今読んでいる本は後にして、『白夜行』を再読することにしました。
| | 10:36 | comments(10) | trackbacks(3) | ↑TOP
<< 2/70 >>
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE