スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
アニメ 『ガラスの仮面』など
今晩からテレビ東京で、アニメ『ガラスの仮面』が始まります。
公式サイト
昔もやっていたような気がしますが……公式サイトのキャラクターの顔を見るとなんとも微妙。
特に亜弓さんが。
亜弓さんはやっぱり、金髪で豊かな髪にリボンを結んでいて欲しいな。
もっともっとゴージャスな雰囲気を望みます。
なんて、文句を言いながらもとりあえず見る予定。

元々アニメはあまり見ないのですが、今期は気になるアニメが多くて困ります。
現在見ているのは、もう一年になる『MONSTER』。
そして見る予定なのが『ガラスの仮面』『エマ』『ハチミツとクローバー』『鋼の錬金術師』(再放送)。
すべて深夜。ほとんど録画してまとめて見ることになりそうですが、忘れちゃいそう。

そしてそして、アニメではなくドラマですが、実写版『アタックNo.1』です。上戸彩ちゃんの『エースをねらえ!』はなかなか原作に忠実で面白かったので、今回も期待大なのです。あのサーブとか、あのアタックとか、どんな風に見せてくれるのか……。ありえないーと思いながら見るのがまた楽しいのです。
| 本に関するTV番組・映画 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
情熱大陸
今日の「情熱大陸」は装丁家・鈴木成一さんでした。
書店でひときわ目を引く装丁の本を手にとってみると、かなり高い確率で鈴木成一デザイン室が手がけていたりします。
装丁は、まだ内容を知らないその本の第一印象を決定します。ぶらっと入った書店で、タイトルや装丁に惹かれて買ってしまう……なんてことも、学生の頃はよくしていましたが、一目惚れの本にハズレは少なかったです。

鈴木成一さんは、月に50冊もの本の装丁を手がけるそうです。最近は辞典の装丁もされたとか。デザインを決めるには、当然内容を知っていなければならないわけで……、アシスタントさんが数人いらっしゃいましたが、50冊の本を読んでデザインを考えて形にするって、とても想像できない……。

そうだ。昨日読み終えた、三浦しをん『むかしのはなし』も鈴木成一デザイン室の仕事なのでした。
これからも素敵な装丁、期待しています。
| 本に関するTV番組・映画 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
『火の粉』ドラマ化
私の2003年ベストワン作品、『火の粉』がドラマ化されると知ったのは昨日のこと。とにかくまったく考えていなかったことなので、ものすごくビックリ。でも考えてみると、ドラマにはピッタリの作品なのかもしれません。
問題は、不気味な隣人・武内をどんな役者が演じるかということです。
配役は、隣人武内に村田雄浩、元判事夫妻に愛川欽也・朝丘雪路、嫁の雪見に原沙知絵
・・・武内はいいけど、他の方はイメージできない感じ。二時間であの不気味さをどこまで描けるのか、楽しみなような不安なような、そんな気持ちで見始めました。

【注意】以下内容にふれますので、ドラマをこれから見る方、原作を読んでみようと思っている方などはご注意ください

続きを読む >>
| 本に関するTV番組・映画 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑TOP
名作平積みプロジェクト
NHK BS2で『名作平積みプロジェクト』という番組をやっていました。

『世界の中心で、愛をさけぶ』に感動した50人の若者に、高橋源一郎と松尾貴史の二人が、それぞれ一冊ずつ名作をお薦めするという企画。
そして、プレゼン終了後、何人の人が読みたいと思ったかスイッチを押してもらい、ゲストの書店員3名に、明日店頭で平積みしてもよいか考えてもらうというのです。

ゲストは茶木則夫さん、林香公子さん、藤谷治さん。

高橋さんのお薦めは、
続きを読む >>
| 本に関するTV番組・映画 | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
作家・森村誠一
昨日の爆笑問題のススメのゲストは、森村誠一先生でした。
私は記憶にある限り多分作品は未読。
前クールのドラマ『人間の証明』を見ただけです。

それにしても、森村先生のお話には引き込まれました。
毎週この番組を見ていますが、やはり本物の作家だなと感じたしだいです。
さすがに、毎週毎週作家先生の登場というのは難しいでしょう。
タレントで本を出した方も出演されますが、ここまでじっくり話を聞いてしまうということは稀。
太田さんと真鍋かをりさんの激論も、それゆえだったのかな〜などと思います。

森村先生がその人物を書きたいと思っていらっしゃる方が、乳がんで片乳房を失った歌人宮田美乃里さんだそうです。
その身体を荒木経惟が写真に撮ったということ。
宮田さんは、余命を宣告されているらしいのですが、森村先生は、人生で一番書きたい人に出会ったそうです。
『魂の切影(せつえい)』 「小説宝石」で2004年11月号より連載開始だそうです。

続きを読む >>
| 本に関するTV番組・映画 | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
<< 2/3 >>
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
雨にもまけず粗茶一服
雨にもまけず粗茶一服 (JUGEMレビュー »)
松村 栄子
2004年イチオシ本。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE